FC2ブログ

「リッキヨウ」と「セイコウカイ」

―日本聖公会組織成立百周年記念によせて―

 三十八年前のことになる。立教を受験するために、旧制中学の担任のところに内申書を依頼に行った。
 「リッキョウ?どこにあるの?その学校?」
 「セイコウカイの学校で、東京にあります」
 「セイコウカイ?何それ?」
 昨日のことのように思いだす会話である。

 現在では、立教の名を知らない高校教師はいないであろう。もっとも、今でもワープロにリッキョウと入力して、漢字変換キーを叩くと「陸橋」が出てくる。陸橋ではなく立教となったのは、昭和三十年代に学部を増設し、秀れた教員を迎え、教育内容を飛躍的によくしたため、入試が難しくなったからであろう。しかし、同時に、長嶋、杉浦、本屋敷たちが立教の名を高めるために大活躍してくれたことも忘れてはなるまい。

 昔でも、立教を東京六大学の一つとして知っていた人も多かったであろうが、関西では知らない人も大勢いたのである。

 セイコウカイの方は、いまだに知る人は少ない。ワープロで打ち込むと、とんでもない漢字が出てくるおそれがある。セイコウカイが教会であることを知っている人は、よほど日本のキリスト教界の事情に明るい人だろう。立教の教会ですよ、と言えばやっと分かってもらえるといった具合だ。明治七年に、アメリカから来た宣教師チャニング・ムーア・ウィリアムズが始めた英学塾が、現在の立教大学の前身である。

 立教だけではない。聖ルカ国際病院、立教女学院、香蘭女学校などがセイコウカイに関係のあることを知っている人も極めて少ない。

 そこで一つの計画がもち上がった。今年五月、英国国教会のカンタベリー大主教ロバ-ト・ランシー師が立教を訪問されるので、東武百貨店で「英国カンタベリー展」を開催し、一般の人々にせいぜいセイコウカイ、およびそれと関係のある立教、立教女学院、香蘭女学校、聖ルカ国際病院をPRしようという計画である。

 ランシ―大主教は、日本におけるセイコウカイの組織成立百周年を記念して来日される。セイコウカイというのはもちろん日本だけの呼称で、全世界に広まった英国国教会から派生した教会は二十七、信徒数六千五百万。英国以外では、「国法によって制定された」教会ではないので、国教会とは呼ばれない。この世界的規模の教会は「アングリカン・コミュニオン」と呼ばれている。二十七の教会の一つ、南アフリカ共和国にあるセイコウカイの最高責任者は、アパルトヘイトに抵抗して闘っている黒人指導者デズモンド・ツツ大主教で、本年八月立教のチャペルで説教をされた。集まった報道関係者たちは、セイコウカイを知らなかった。信徒三万五千人では知らないといっても怒るわけにはいかない。

 立教を創設したウィリアムズは、まだキリシタン禁制時代の日本に、アメリカセイコウカイが送り込んだ宣教師である。アメリカ・セイコウカイ自体は、英国から派遣された宣教師によって種をまかれ、アメリカ独立後、1783年、英国国教会から独立した。アングリカン・コミュニオンに属するその他の教会も、アメリカ・セイコウカイ同様、それぞれ英国国教会から独立して、今日に至っている。

 そういったわけで、英国セイコウカイの最高責任者であるカンタベリー大主教は、たんに英国の教会だけでなく、全世界のセイコウカイの「道義的」かしらである。日本聖公会組織成立百年記念のため来日され、立教を訪問されるのも、そのような地位にある者としてである。

 現在のカンタベリー大主教の来校は、今回で三度目である。最初は、1959年、ウィリアムズ主教来日百年を記念して行われた大礼拝に参加するために来られた第九九代カンタベリー大主教フィッシャー博士。

 二回目は1973年に、当時の佃総長から名誉人文学博士号を受領された第百代のマイケル・ラムゼイ大主教。ラムゼイ大主教は、のちにウィリアムズ主教記念基金講座の第一回の講師として、立教及び関係諸学校のために奉仕された。しかし、なぜ、カンタベリー大主教だからといって騒がなければならないのだろうか。

説教中のフィッシャー大主教ラムゼイ大主教の説教を通訳する八代崇 

写真左: 説教中の フィッシャー大主教
 
写真右: ラムゼイ大主教の説教を通訳する八代崇

イングランドにおける教会は長い歴史をもってはいるが、ローマ・カトリック教会や東方教会のように、世界的規模の教会になったのは近世に入ってからである。カンタベリー大主教が重要視されるようになったのは、イギリスという国家が近世以降果たしてきた役割の大きさによる。議会制民主主義、産業革命、英米法、英文学、などが近代世界に及ぼした影響を考えるとき、大英帝国の教会の最高責任者には、他の地域や国の教会の指導者たちには与えられないような栄誉が与えられるようになった。

 国王の戴冠式、王族の結婚、洗礼、葬儀などを執り行うカンタベリー大主教は、現在でも宮廷で国王に次ぐ地位を占めるし、海外訪問には、外務省の出先機関が面倒をみるし、受け入れ側も国の公賓扱いで迎える。

 セイコウカイという教会は、国籍、人種、その他の差異に関係なく、このカンタベリー大主教との交わりのうちにある世界の諸教会を指す。明治二十年、ウィリアムズ主教が英国人主教ピカステス師と共に、大阪川口キリスト教会に招集した第一回総会で、この世界的教会の日本における肢を「聖公会」と称することが決まった。この言葉は、洗礼時の信仰告白である「使徒信経」の中で教会を言い表す言葉とされている。セイコウカイは、キリストの弟子(使徒)たちによって建てられた教会につながる二千年の歴史をもつ教会であることをウィリアムズ主教は言いたかったのである。

 カンタベリー大主教の来校を機に、もう一度リッキョウとセイコウカイの関係を考えてみたい。


(1987年2月 雑誌「立教」より)

カンタベリー展 紹介ビデオ

1987年日本聖公会組織成立百年を記念して、カンタベリー大主教来日。
池袋東武百貨店においてカンタベリー展が開かれました。
その時、会場で流された日本聖公会の紹介ビデオ。

質問者は甲藤善彦

質問に答えているのが八代崇主教。


講話その1 「英国カンタベリー展」(1987年5月)開催の意義



講話の内容について



講話その2 
カンタベリー大主教のロンドン公邸ランべス・パレスから初めて貸し出された肖像画3点についての解説


講話の内容について



講話その3 日本に派遣され活躍された宣教師たちの働き



講話の内容について



講話その4 
今回のカンタベリー展の会場で、「見る、聴く、触れる」ことができるものの紹介
 


講話の内容について

カンタベリー展 講話 (その1) の内容

カンタベリー展における講話
「英国カンタベリー展」(1987年5月)開催の意義

この度、日本聖公会組織成立100年を記念して、英国聖公会・カンタベリー102代大主教・ロバート・ランシー師を迎えるにあたり、日本聖公会という教会をあらためて紹介するために「英国カンタベリー展」を開催することになった。
 カンタベリー大主教とはどういう地位にあるのか? 英国・国教会の歴史を、特に英国聖公会の改革時を中心に、非業の死を遂げた主教の果たした役割などを巡って語る。
 米国、英国、カナダの宣教師によって日本に伝えられたキリスト教である聖公会の教会よりも、現在は関連の諸施設、立教大学、立教女学院、香蘭女学校、聖路加国際病院などが有名になった。

カンタベリー大聖堂 表紙IMG_0002ランシ―大主教 表紙IMG_0002

写真左:  カンタベリー大聖堂  
写真右: ロバート・ランシー大主教 






立教大学

聖ロカ国際病院 トイスラー博士

ビデオのページへ戻る

カンタベリー展 講話(その2)の内容 

カンタベリー展における講話
カンタベリー大主教のロンドン公邸ランべス・パレスから初めて貸し出された肖像画3点についての解説

1. 第69代 トマス・クランマー大主教 (1489~1556)

 トマス・クランマー大主教
1534年、イングランド王ヘンリー8世は、王妃キャサリンとの結婚問題がこじれると、英国の教会をローマ・カトリック教会から分離させ自らを教会の最高首長とした。(『国王至上法』)

 このヘンリー8世を助けて宗教改革の推進者となったのが、クランマー大主教。最初の英語祈祷書(1549)の作成者であり、ヘンリー8世に英語聖書を公認させた人としても名を残した。

 1553年に英国聖公会の新しい教義的立場を明確化した『42箇条』を作成したが、メアリ1世(ヘンリー8世とキャサリンの娘)が登位すると、クランマー大主教は英国教会をローマ・カトリックから分離させ、伝統的教義を否認した異端者として火刑に処せられた。





2. 第71代 マシュー・パーカー大主教 (1504~1574)

 マシュー・パーカー大主教
1558年11月、英国を近世における世界の雄に仕立て上げるのに功績の大きかったエリザベス1世が25歳で登位した。

 エリザベスは『国王至上法』を可決させて、英国を再びローマ・カトリック教会から離反させ、英国教会をローマ・カトリックとプロテスタントとの中道的な教会として確立しようとした。エリザベスの宗教的解決を支持したのがパーカー大主教だった。










3. 第76代 ウィリアム・ロード大主教 (1573~1645)

ウィリアム・ロード大主教
 1603年、イングランドの国家と教会を45年にわたって統治してきたエリザベス女王が没し、後継者に長老主義のスコットランド教会で養育されたジェームズ1世が選ばれた。ジェームズ1世とその子チャールズ1世の治世に、ピューリタンによる共和制が確立(1649)されるまでの歴史的経緯に深く関わったのがロード大主教。

 強引にピューリタン弾圧政策を推し進め、1628年に始まったチャールズの専制政治を支えた。1637年、長老主義のスコットランドに祈祷書を押し付けようとしたため、暴動を招き、それを鎮圧するための戦いはイングランド軍の無残な敗退に終わった。

 長期議会は国家に対する反逆を理由にロード大主教に死刑を宣告した。チャールズ1世も「英国民に対する反逆罪」を理由に死刑を宣告され、ロードのあとを追うごとくに、ホワイト・ホールに特設された断頭台上で処刑された。

参照:「新カンタベリー物語」アングリカン・コミュニオン小史
   八代崇著 1987年4月19日第1刷発行
   (有)聖公会出版

ビデオのページへ戻る

カンタベリー展 講話 (その3) の内容

カンタベリー展における講話
日本に派遣され活躍された宣教師たちの働き

カンタベリーを大本山とする英国国教会が、いかにして米国に伝わり、やがて1859年にチャンニング・ムーア・ウィリアムズ師を初の主教として日本に送るようになったか?
そのほか、日本に派遣され活躍された宣教師たちの働き、特に、草津においてハンセン氏病医療活動に献身奉仕されたコンウォール・リー女史、清里に青少年の指導者訓練キャンプ場(清泉寮)を設立したポ-ル・ラッシュ博士、軽井沢にショー記念礼拝堂を残した、アレキサンダー・ショー師、登山家として功績を残されたウェストン師、等が有名です。

 草津慰主教会 2 IMG_edited-1コーンウオール・リー 2 IMG




ポ-ル・ラッシュと清里 IMG



キープ協会清泉寮
元立教大学教授ポール・ラッシュ博士により八ヶ岳南麓清里高原に青少年の指導者訓練キャンプ場(清泉寮)として
設立されました。キープ協会(Kiyosato Educational Experiment Project) 1938年












軽井沢ショー記念礼拝堂 アレキサンダー・ショウ宣教師
 


ビデオのページへ戻る

カンタベリー展 講話 (その4)の内容

カンタベリー展における講話
今回のカンタベリー展の会場で、「見る、聴く、触れる」ことができるものの紹介

ステンドグラス製作、ブラス・ラビング(真鍮版からの拓本)。
英国文化、社会、建築、医療福祉などについて詳しい著名人の講演会*
オルガン演奏、合唱。
カンタベリーのロンドン公邸ランべス・パレスから初めて貸し出された肖像画、その他多くの宝物が展示されていること。
展示品: ダイアナ妃のウェディング・ドレス、ウェディング・ケーキ、八代斌助主教着用のコープ・マイター、天皇家よりポール・ラッシュ博士に下賜された銀の燭台(清里・キープ協会所蔵)など
ティー・ルームもあります。

*カンタベリー展で講演された著名人の講義内容がまとめられた書物の紹介
 「英国の心棒」Canterbury and English Culture 八代崇編 1988年4月3日 聖公会出版 

  宍戸 実 :英国の教会建築  鈴木博之 :英国の教会建築
  川崎淳之介:英国の文学    日野原重明:英国のホスピス
  鵜川 馨 :銀貨と王室    名取多嘉雄:近代日本と宣教師たち
  皆川達夫 :英国の音楽

ダイアナ妃ドレス
ダイアナ妃のウェディング・ドレスとケーキ マダム・タッソード館から来日


ウェディングケーキ



八代斌助コープ&マイター2 銀の燭台2

ビデオのページへ戻る
プロフィール

eyyash

Author:eyyash
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
access
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR